プロフィール

こゆき

Author:こゆき
大阪、サクラソーケンネルからはるばる青森へやってきた「はるきち」顔はコギ界のジャニーズ系? でも中身は「クレヨンしんちゃん」的なやんちゃ坊主です。

年齢

はるきちスタジオ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/23 (Tue) 22:49
「SPOT」札幌公演

(/ ̄ー ̄) (/ ̄ー ̄)タダイマー♪

オフ会参加のみなさま、楽しかったですか?
私もめちゃくちゃ札幌でのライブを満喫してきましたよ。

かでる2・7ホールにて、
「小林賢太郎ソロパフォーマンス LIVE POTSUNEN 2010“SPOT”」
(フルで書くと超長ーいタイトルですな(・。・;)
行ってきました、21日(日)昼公演。

去年の12月の公演「ポツネン氏の庭」から3カ月。
まさかこんなに早く賢太郎さん、そして彼が作ったポツネン氏に会えるとは思ってもみませんでした。

ロビーで、お花発見。知る人ぞ知る、北海道のスターから(笑)↓
From ミスターどうでしょう



以下、多少公演内容のネタバレありの感想ですので、畳みます↓



セットもない黒一色の舞台、唯一あるのは公演名と公演会場を記したスクリーンのみ。
前回の公演「DROP」に比べるとものすごーーーくシンプルですが、
「ポツネン氏の庭」を観ているのでなんとなくそのシンプルさに納得。

内容はやはりあの小さな舞台で生まれたコントたちが、意思を持って育ったもののような気がしました。
「庭」で賢太郎さんが自慢気に見せてくれたものがおもちゃ箱の中の小さなおもちゃや楽しいガジェットだとすれば、今回の舞台はそのおもちゃたちひとつひとつを主役にした壮大で美しい“絵本”のようなもの。
それまではなんのつながりもなかったおもちゃやガジェットたちが絵本の伏線となり、すべての作品がリンクして絵本が完成する、そんな感じの舞台でした。

おなじみ「アナグラムの穴」も、「アナグラムのあなぐら」と名前を変えたり・・・
これまたおなじみ「Handmime」も、「Hand Man」と名前を変えたり。
聞こえてくる音楽も、それまで耳になじんだもののはずなのに、ピアノからチェロの音に変わっていたり。
進化(深化?)した、といえばそうかもしれないし、使い回しじゃないか、といえばその通りかもしれないし。
これまでの作品と比べるときりがないのですが、完全なる新作、新たなものへの挑戦ではなかった。
あとで気づいたのですが・・「あなぐら=SPOT」なのでしょうね。

それでも、練り上げられた脚本、気持ちよくだまされるマジックやトリックにひたすら
「ほほお・・・」「はわわわ!?」「おおーっ」「うわあ・・・」
と言わされっぱなしでした。もちろん実際に口に出してはいませんよ、心の中でね(笑)


前回も思ったことですが、小林賢太郎というパフォーマーは、本当に美しい。
カッコいい、素敵、という言葉よりも「美しい」という言葉がふさわしい気がしてなりません。
顔のつくりそのものではなく、作り上げられた表情の美しさ。
肉体の形ではなく、練り上げられたひとつひとつの所作の美しさ。
頭のてっぺんからつま先まで、彼はいちいち「パフォーマー」であろうとしている人なのだな、と。

だって髪の毛一本さえもちゃーんとパフォーマンスなんだもの。
ポツネンさんのトレードマーク、丸高帽子をすぽんと脱いだらとんでもなくボッサボサ!の髪型になってて、会場から爆笑が起きて・・・
「ん、なんだー?なにがおかしい?」
と振り向いて中学教師っぽく言われた時はもう、可笑しくて可笑しくて(笑)

あそこがああだった、ここがこうだったと書きだすとキリがありませんので。。。
このへんにしときます。


そうそう、物販の「ポツネントランプ」買いました。
「アナグラム」でおなじみの市松模様が素敵♪
賢太郎さんがアナグラムの時実際にこのカード使ってましたよ。
でも、スペードのエースとジョーカーにしかポツネンさんのイラストがないのが、ちと残念。
ポツネントランプ その1 ポツネントランプ その2
ポツネントランプ その3

このほかに、ポツネンさんのイラストが浮かび上がる「プロジェクターペン」も購入。


さてこのトランプをどうしたものかと思案。
だってトランプゲームもマジックもしないし、かといって箱に入れたまま保管しとくのもなんだかもったいない。
というわけで・・・ニ○リでポスター用フレームを購入しまして・・・↓こんな感じに仕上げてみました。
ぜひぜひ、クリックして大きくして見てみて♪

クリックしてね。

自分で作っておきながら、かなり、気にいってます(自画自賛)。
ちなみにフライヤー(公演ビラ)は左から「ポツネン氏の庭」、「SPOT」、そして今回の公演についてきた「Triumph(トライアンフ)」のDVD用フライヤー。おまけとして「TAKE OFF」のポストカードも入れちゃいました。

フレームの右下で「J」「O」「K」「E」「R」のカードで「アナグラム」を思案しているポツネンさんが、
いい感じです♪

テーマ : ラーメンズ - ジャンル : お笑い

<< はじまった~! | ホーム | 春ですが北へ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。